独学で合格を目指す

二級建築士
 お金をかけずに、マイペースで勉強しながら二級建築士を
 目指すなら、独学という方法もあります。

 通信教育も独学に入るかもしれませんが、一応講座を受け、
 採点などしてくれるケースもありますから、ここでは
 二級建築士の通信教育等の講座を受けず、
 自分でテキストや参考書を用意して学習する場合の
 ケースについて考えます。

管理人も1年目は二級建築士試験は不合格ながらも、独学派でした。
独学のいいところは、自分のペースで学習できることです。

カリキュラムなどはありませんから、自分が得意なところから始めるのもよし、
苦手分野を徹底的にやるのもよし、時間も、仕事やその他の都合に応じて
自由に決めて学習することができます。

独学は、多くの場合、自宅で学習することが多いかと思いますが、
たまには気分を変えて図書館や喫茶店で勉強してみるのもおすすめです。
気が散っても外なら勉強以外にすることがありませんから、
テレビを見たり、ゲームをしてしまったり、ということも少ないと思います。
(え?そんなの私だけですか?(笑)

ただし、独学でも二級建築士に合格するための十分な学力はつきますが
モチベーションの維持がけっこう難しい場合があります。

自分ひとりでやっていると、今日くらいはいいかな、
とつい自分に甘えてしまう場合があると思います。

管理人が勉強していたときには、まだインターネットなどが
一般的ではなかったので、他の受験者とのコミュニケーションが
ほとんどありませんでした。

今でしたら、mixiなどのソーシャルネートワークを使い、
同じ二級建築士受験者同士、横のつながりを作っていくことができます。

実際、mixi内には、数多くの二級建築士のコミュニティが存在します。

コミュニティの中で、多くの人の体験談を読んだり、
二級建築士合格者の方の話を聞いたり、学習のこつや新しい情報などを
入手したりと、モチベーションアップにも役立つでしょう。

ただし、ほどほどにしておかないとインターネットの前で
何時間も時間を使ってしまい、肝心の勉強時間が取れなくなる恐れが出てきます。
mixiなどを使う場合は、時間を決めて、勉強の合間に息抜き程度に
のぞく程度
にしておきましょう。



copyright© とるぞ!二級建築士 All Rights Reserverd.