インテリアコーディネーターと二級建築士

二級建築士は国家資格ですが、インテリアコーディネーターは、民間資格です。
民間資格とはどういったものかというと、民間の団体が、独自に設けた基準によって認定される資格を指します。

最近では、いろいろな商社、メーカーなどがそれぞれに基準を設けて資格試験を実施しており、国家資格や公的資格よりも認知度が高いものもあります。
「この職業には、この資格が必要」といった、実践的な技術を要する資格が多く、資格所有者を即戦力として優遇する企業も増えています。

ちなみに、二級建築士は国家資格といって、国家機関が実施する難易度の高い資格です。
それぞれの資格の職業的知識や技能が、国が定めた水準に達している者にのみ与えられます。

インテリアコーディネーターと建築士の資格の位置づけは上記のようなものですが、実際の仕事での違いはどんなものなのでしょうか?

まず、建築士は超高層ビルから一戸建てのような小さな住宅まで、どんな建築物であっても耐久性と機能性を兼ね備えた安全な建物を設計、監理することが仕事です。

住宅などを建てる場合や増築の際に法規(建築基準法、消防法などに違反していないか)や構造的に問題ないかなどを確認したり、建築の詳細図面を作成します。詳細図面とは単なる間取り図的なものではなく、柱や壁の芯となる線や細かい部分の寸法も描いてあるような図面で、平面図のみならず展開図、立面図、天井伏図など様々な図面を用意します。

一方、インテリアコーディネーターは、消費者が家を建てたり改築したりする際に、家具やカーテン、照明などの商品選びや住宅計画の提案を行う仕事です。
お客様の要望を聞いて、インテリアや建築の知識を駆使して的確なアドバイスをする専門職なのです。
もともとインテリアコーディネーターの役割は、建築士の仕事の範囲内にあったのですが、ヒアリングからアフターフォローまでお客さんと細かい打ち合わせをしたり、施工業者や家具メーカーと連絡をとったりなど、設計以外の業務に多大な時間がさかれてしまいました。
そこで設計以外の部分を担当するインテリアコーディネーターのポジションが自然と生まれたのです。

管理人である私も、二級建築士を受験する前年に、インテリアコーディネーター資格を取得しています。
インテリアに興味をもつ女性にとっては、取得しやすく、また活用できる場が多くあるのが、インテリアコーディネーター資格でしょう。



copyright© とるぞ!二級建築士 All Rights Reserverd.