二級建築士の受験資格

スポンサードリンク

二級建築士
 二級建築士試験では、個人住宅など日常生活に
 最低限必要な建築物の設計・施工・工事管理に必要な
 知識・技術があるか否かが問われます。

 受験資格は、以下のaからdまでのいずれかを
 満たす必要があります。

a.. 大学(旧制大学・短大を含む)
  又は高等専門学校(旧制専門学校を含む)の建築課程を卒業したもの

b.. 大学の土木課程卒業後、実務経験1年以上

c.. 高等学校(旧制中学校を含む)建築・土木課程卒業後実務経験3年以上

d.. 義務教育終了後、実務経験(※)7年以上


※建築に関する実務の経験について

(1)「建築に関する実務の経験」として認められるもの

設計事務所、建設会社、工務店等での建築物の設計・工事監理・施工管理
大工
官公庁での建築行政、営繕
大学・研究所・工業高校等での建築に関する研究、教育

(2)一部が「建築に関する実務の経験」として認められるもの

建築工事を一部含む土木工事等(純粋に建築に関するものの比率を乗じて計算します。)
一定期間建築以外の業務を含んでいる場合(建築以外の業務の期間を除いた期間の明示が必要です。)

(3)「建築に関する実務の経験」として認められないもの

単なる建築労務者としての業務(土工、設計事務所で写図のみに従事していた場合等)
昼間の学校在学期間(中退者の在学期間を含む。)



copyright© とるぞ!二級建築士 All Rights Reserverd.