二級建築士試験製図用具

二級建築士の設計製図試験では、製図用具を持ち込みます。
普段から使い慣れたものを持参し、スペアがいるものは
スペアなども十分用意しておきましょう。

建築士試験製図用具で必要なものは下記になります。

・建築士試験用平行定規
建築士試験用平行定規  マグネット式の平行定規が主流です。A2版用のものまで持込ができます。実務ではあまり使うこともないでしょうが、平行定規が使いにくいと、本番の試験で実力が発揮できません。こだわって選びたいもののひとつです。

逆に、短期間の使用なのだからと割り切れる方は、ネットオークションなどで中古品を探してみてもいいかもしれません。

ヤフオクで平行定規を見る


・製図用シャープペン
製図用シャープペン
 普通のシャーペンでもかまいませんが、0.5mmの製図用のシャーペンが使いやすいです。
芯はBかHBが良いでしょう。
壊れたときや落としたときのために、試験にはかならずスペアを持っていきましょう。





・消しゴム
 普通のプラスティックタイプの消しゴムで十分です。新しいものの方が、角がとがっていて細かい部分を消すのに便利です。試験にはかならずスペアを持っていきましょう。

・字消板
 ステンレス製のものが使いやすいです。細かい範囲を消しゴムで消すときに使用します。

・三角スケール
 30cmの三角スケールが1本あれば十分です。なくても大丈夫という方もいますが、私は便利だと思います。

・テンプレート
 円、楕円、三角、四角があるものを選びます。基本の形以外に家具や衛生陶器のあるものは、持込みできません。

・三角定規
 普段から使い慣れているものを使いましょう。あまり大きすぎない20〜30センチ程度のもので十分です。

・勾配定規
 なくてもかまいませんが、木造の屋根勾配などを書き込むときに便利です。

・電卓
 面積などの計算をするために使います。小型のもので十分です。関数計算ができるものや音がでるものは、持込みできません。





copyright© とるぞ!二級建築士 All Rights Reserverd.